IT is IT.

空想イノベーション

人工知能をめぐる動向

統計的自然言語処理による翻訳精度の向上

統計的自然言語処理とはインターネットの普及により、多くのWebページ上の文字を扱う研究の始まりによって発展した処理である。 従来の翻訳は、個々の単語単位を文脈の一部として、そのままに訳すことしかできなったため、例えば「Window」を、PC画面の「ウ…

ディープラーニングの凄さが証明された瞬間

画像認識の精度を競う大会、ILSVRC(Imaging Large Scale Visual Recgnition Challenge)で、トロント大学のSuper Visionが優勝した。 それまでは、機械学習による画像認識が主流で、画像の特徴量を人間が与えることで行なっていた。 したがって、画像認識の…

ニュラルネットワークとディープラーニング

機会学習はプログラム自身が学習する仕組みであるが、方法がいくつかある。 k平均法 決定木 サポートベクターマシン ニューラルネットワーク(単純パーセプトロン) ディープラーニング ニューラルネットワーク ニューラルネットワークは、フランク・ローゼ…

そもそも機械学習とは何なのか

機械学習の定義について整理してみる。 ウィキペディアには、このように書かれている。 機械学習(きかいがくしゅう、英: machine learning)とは、人工知能における研究課題の一つで、人間が自然に行っている学習能力と同様の機能をコンピュータで実現しよ…

ワトソン、東ロボくんの挑戦

ワトソン IBMが開発し、2011年にアメリカのクイズ番組で、歴代のチャンピオンと対戦して勝利したことで話題になった。 ワトソンは、Question-Answeringという研究分野の成果で、ウィキペディアの情報をもとにライトウェイトオントロジーを生成して解答を行っ…

オントロジーによる知識体系化方法論

一般常識をコンピュータに取り込むうえで、記述や共有の難しさが表面化するようになり、エキスパートシステムにおける開発と保守のコストが問題視されるようになった。 そこで、知識を体系化する方法について研究されるようになり、オントロジーという方法論…

あらゆる常識をコンピュータに取り込むプロジェクト

より多く、より広範囲な一般常識をコンピュータに取り込むために、Cyc(サイク)プロジェクトが、1984年、ダグラス・レナートによって始められた。 スポンサーリンク // Cycプロジェクトでは、一般常識をひたすら入力していく作業だが、プロジェクトの開始か…

意味ネットワークで概念間の関係を表現する

意味ネットワークとは、概念をラベル付きノードで表し、それぞれのノードをリンク(矢印)で結んだネットワーク表現をさす。 もともとは認知心理学で用いられたものだが、現在では人工知能での知識表現としても用いられている。 スポンサーリンク // 概念間…

色々なエキスパートシステム

エキスパートシステムとは、その分野の専門家のように振る舞うプログラムをさす。 MYCIN 初期のエキスパートシステムとして有名なのが、MYCIN(マイシン)である。 MYCINは1970年代にスタンフォード大学で開発され、血液中のバクテリアの診断支援としてルー…