IT is IT.

空想イノベーション

AWS

Amazon EBSの特徴

AWS

Amazon EBS(Elastic Block Store)は、素早くデータにアクセスする必要があり、長期永続性が必要なデータを格納する場合に推奨されている。 主に、 * データベース * 細かい更新が必要なアプリケーション * ブロックレベルの未初期化のストレージを使用する…

Amazon S3の特徴

AWS

Amazon Simple Storage Service バケットと呼ばれるリソースにオブジェクトとしてデータを保管する バケットは無制限にオブジェクトを保管することができる オブジェクトの最大サイズは5TBまで スポンサーリンク // バージョニングを有効にすることで、バー…

VPCのセキュリティグループの役割

AWS

VPCのセキュリティグループは、インスタンスの仮装ファイアウォールとして機能し、インバウンドトラフィックとアウトバンドトラフィックを制御する。 VPCでインスタンスを起動した場合は、最大で5つのセキュリティグループを割り当てることができ、インスタ…

クラスタプレイスメントグループの役割

AWS

クラスタプレイスメントグループとは、単一のAZ内のインスタンスを論理的にグループ化したもので、同一リージョン内のピアVPCを跨って構成することができる。 スポンサーリンク // 主な利点としては、10Gbpsのフロー制限と、非ブロッキング、非オーバーサブ…

リザーブドDBインスタンスとは

AWS

DBインスタンスを1年、または3年予約することで大幅な値引きが適用されるようになっている。 インスタンスタイプとリージョンに関連付けされており、マルチAZにもシングルAZにも適用することができる。 Amazon Web Servicesではじめる新米プログラマのための…

EBSプロビジョンドIOPS SSDボリュームの課金について

AWS

EBSプロビジョンドIOPS SSDは、プロビジョニングした容量で決まり、そのストレージを解放するまで料金が発生する。 また、1秒あたりの入出力オペレーションの回数も時間数で按分計算されて1秒単位で課金される。 AWS認定資格試験テキスト AWS認定 クラウドプ…

他のユーザの所有するElastic Load Balancingの設定を変更する方法

AWS

ユーザ独自のアクセスキー(アクセスキーID、シークレットアクセスキー)を用いて、AWS CLIやAWS SDKを使用することで設定を変更することができる。 AWSをはじめよう ?AWSによる環境構築を1から10まで? はじめようシリーズ作者: mochikoAsTech発売日: 2018/1…

Amazon RDSの自動化バックアップとDBスナップショット

AWS

期間内の特定時点から復旧を行った場合、新しいエンドポイントを持つ新しいDBインスタンスが生成される。 スポンサーリンク // ユーザやアプリケーションは、このエンドポイントに接続してRDSを利用することになる。 Amazon Web Services パターン別構築・運…

VPCからインターネットに接続する方法

AWS

サブネットを作成する インターネットゲートウェイにアタッチする カスタムルートテーブルを作成する セキュリティグループを更新する Elastic IPアドレスを追加する スポンサーリンク // カスタムルートテーブルには、Destinationに「0.0.0.0/0」を設定する…

AWSでiSCSIテープデバイスへのバックアップを実現する方法

AWS

AWS Storage Gatewayを使用すればよい。 スポンサーリンク // AWS Storage Gatewayは、バックアップソフトと親和性の高いiSCSIテープデバイスとして扱うことができる。 保存先であるiSCSIイニシエーターの宛先をAWS Storage Gatewayに変更するだけで、AWSへ…