IT is IT.

空想イノベーション

色々なエキスパートシステム

f:id:itry:20190103160839j:plain
エキスパートシステムとは、その分野の専門家のように振る舞うプログラムをさす。

MYCIN

初期のエキスパートシステムとして有名なのが、MYCIN(マイシン)である。
MYCINは1970年代にスタンフォード大学で開発され、血液中のバクテリアの診断支援としてルールを蓄えたシステムである。

  • if(もし)条件が○○なら
  • then(それ)は××である

といったように、質問に対して回答をしていくことで、どんな細菌に感染しているかを特定することができる。
当時、MYCINは69%と、かなり高い確率で正しい判定を行うことができていた。
専門医の平均確率80%に比べるとやや劣るが、それでも、専門医ではない医者と比較すると、非常に高い確率であった、といえる。

スポンサーリンク
 

DENDRAL

1960年代に、同じくスタンフォード大学のエドワード・ファイゲンバウムによって開発されていたのが、未知の有機化合物を特定するDENDRALと呼ばれるエキスパートシステムだった。

これら2つのエキスパートシステムをはじめ、1970年代から1980年代にかけて、多くのエキスパートシステムが開発されるようになった。